老けて見られるトラブル|サーマクールは年齢肌の味方|確実性のある方法でハリ取り戻す
婦人

サーマクールは年齢肌の味方|確実性のある方法でハリ取り戻す

老けて見られるトラブル

鏡を見る人

症状が起こる原因

加齢とともに悩まされる肌トラブルが、目の下のクマです。目の下にクマがあるだけで、一気に老けた印象になってしまいます。ある調査によると、女性の3人に1人が目の下のクマに悩んでいると言われています。なぜクマができるかというと、主に仕事などで目を酷使するからです。たとえば、パソコンからはブルーライトというたくさんの光が出ています。この光を浴びることで、体内の毛細血管が一気に収縮してしまいます。それで、血流が悪くなることで、血液の色がどす黒くなってしまうのです。その為に、目の下の皮膚にクマができてしまいます。また、若い女性の多くは、アイラインなどのアイメイクを行っています。メイクを落とす際に正しくクレンジングをしないと、目元にダメージを与えてしまいます。そうなると、皮膚内にメラニンが過剰に分泌されてクマになります。

効果的とされる治し方

目の下のクマの治療として、皮膚科ではスタックトーニングが行われています。これは、目元にQ-YAGレーザーを照射していく治療です。照射されるレーザーには、肌のターンオーバーをスムーズにしてくれる作用が有ります。そのため、クマの原因である皮膚に沈着したメラニンの排出を促すことが可能です。また、新たにメラニンが生成されるのを抑える効果も有ります。したがって、治療後は時間の経過とともにクマが薄くなっていきます。レーザーの照射後は、ビタミンCとトラネキサム酸を肌に塗布します。ビタミンCはコラーゲンの生成を助け、トラネキサム酸は美白効果が有ります。なので、肌が一気に若返ります。スタックトーニングは、皮膚が少し赤くなるくらいでダウンタイムがあまりないです。治療の際には痛みを感じることがないので、気軽に受けることができます。